2024年06月13日

鶏笑軍@亀有 つくね丼&焼き鳥丼

鶏笑軍@亀有 つくね丼&焼き鳥丼

・住所 東京都葛飾区亀有5-40-10
・電話 03-5856-2171
・時間 火〜金 11:30 - 23:00(L.O.22:00)
    土・日 12:00 - 23:00(L.O.22:00)
・定休 月曜日
・記事 「鶏笑軍」記事一覧

鶏笑軍 店舗外観

鶏笑軍 店舗外観


「鶏笑軍」に娘と行ってきました。最寄り駅は亀有。お店には日曜日の13:11着で先客2組4名という状況。

鶏笑軍


金町にも系列店(鶏笑軍@金町)がありますね。

鶏笑軍 ハッピーアワー


11:30から(土日は12:00から)ランチをやっていて、ランチメニューはワンコイン500円から、しかも大盛り無料で全品スープとサラダつき、昼から居酒屋利用もOKで、12:00から19:00までハッピーアワーで、オープンからクローズまで休憩なしで営業と、かなり使い勝手がいいお店。ただしランチから喫煙可なので子連れには優しくない。

鶏笑軍 メニュー

鶏笑軍 メニュー

鶏笑軍 メニュー

鶏笑軍 ランキング

鶏笑軍 お持ち帰りメニュー

鶏笑軍 ランチメニュー

鶏笑軍 飲み物メニュー

つくねだけでメニューが16種類もある上に、プレーンの「焼つくね」は1本110円とリーズナブル。お店の入り口に「つくね専門店」と書いてあるだけのものは感じられます。

鶏笑軍 生ビール
生ビール(418円)

鶏笑軍 カルピス
カルピス(308円)

鶏笑軍 せせり / 古白鶏もも / ねぎま
せせり(220円) / 古白鶏もも(198円) / ねぎま(220円)

鶏笑軍 つくね丼


つくね丼(750円)・・・娘の注文。絶品つくねが贅沢に4本も!大盛り無料でスープとサラダつきで750円でこの内容はランチの選択肢として大いにあり。

鶏笑軍 はつ
はつ(165円)

鶏笑軍 れば

れば / タレ(220円)・・・三大地鶏 純系名古屋コーチンの、れば(数量限定)は火入れが絶妙で良き。

鶏笑軍 かわ
かわ(198円)×2本

鶏笑軍 コークハイ
コークハイ(402円)

鶏笑軍 月見つくね

月見つくね(308円)・・・月はどこにいったんだと思ってしまったのですが、きっと崇高に「湖面に映る月の揺らぎ」なんかを再現したんだろうなぁ。

鶏笑軍 焼き鳥丼
焼き鳥丼(800円)

鶏笑軍 ダブルチーズつくね
ダブルチーズつくね(242円)


サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
ラベル:鶏笑軍
posted by ごっち at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 葛飾区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月12日

くくりひめ珈琲@浅草 いちごのショートケーキ

くくりひめ珈琲@浅草 いちごのショートケーキ

・住所 東京都台東区浅草1-18-8
・電話 050-5890-2409
・時間 月水木金土日祝 10:00 - 19:30(L.O. 19:00)
    火  曜  日 10:00 - 17:00(L.O. 16:30)
・定休

くくりひめ珈琲 店舗外観

自家焙煎珈琲とパフェとナッツバターの店「くくりひめ珈琲」に娘と行ってきました。店名は、日本書紀に登場する縁結びの神様「菊理媛」に由来。

くくりひめ珈琲 メニュー

くくりひめ珈琲 メニュー

くくりひめ珈琲 季節限定メニュー


お店には日曜日の13:52着で私たちが座って満席という状況。食べログからネット予約が出来るので、予約の上での訪問が確実ですかね。

くくりひめ珈琲 いちごのショートケーキ ドリンクセット

くくりひめ珈琲 いちごのショートケーキ


いちごのショートケーキ ドリンクセット(1,200円)・・・店内で丁寧にひとつひとつ手作りした、生クリームたっぷりのショートケーキ。甘さは控えめで良き。ラテも美味しかったです。

くくりひめ珈琲 くくりひめの嫁入り いちごとピスタチオ


くくりひめの嫁入り いちごとピスタチオ 単品(1,800円)・・・和式婚礼の花嫁姿をイメージしたハレの日パフェ。宝石のように美しいいちごをたっぷりと。いちごやソフトクリームと相性の良いピスタチオクリームは濃厚な味わい。後味はエルダーフラワーで爽やかに。


posted by ごっち at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 台東区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月10日

餃子の王さま@浅草 王さまの餃子

餃子の王さま@浅草 王さまの餃子
駐車場無(周辺有料P利用)

・住所 東京都台東区浅草1-30-8
・電話 03-3841-2552
・時間 月〜金 11:15 - 14:00 / 16:00 - 20:00
    土・日 11:15 - 20:00
・定休 火曜日
・記事 「餃子の王さま」記事一覧

餃子の王さま 看板

餃子の王さま お品書

餃子の王さま お飲物

餃子の王さま テイクアウトメニュー


創業1954年(昭和29年)の餃子の百名店「餃子の王さま」に娘と行ってきました。最寄駅は浅草。お店には日曜日の12:48着で8人の並びに接続、店内に入れたのは13:14でした。

餃子の王さま ラーメン半チャーハン


ラーメン半チャーハン(1,080円)・・・チャーハンはしっとり系、味付けはシンプル。ゆえに王道と言えばいいのか、王さまと言うべきなのか。いや、餃子の王であって炒飯の王ではない。海賊王に俺はなる。

餃子の王さま ニラレバいため


ニラレバいため(880円)・・・分厚く大きいレバーがたっぷり。新鮮なレバーで臭みがなく、滑らかな舌触り。野菜はみずみずしく、レバーのプリプリと野菜のシャキシャキでプリシャキがたまらなく最高。

餃子の王さま 王さまの餃子


王さまの餃子(450円)・・・その場で握って生のまま焼くのが特徴の餃子は、表面パリパリで具がたっぷり。作り方は創業時から変えていないのだそう。具材は9割がキャベツ、その他にニラや玉ネギ、豚挽肉にニンニクを使っているとの事。

餃子の王さま サッポロラガービール中瓶


サッポロラガービール中瓶(650円) ・・・餃子にビールは、おっさんの正しい休日の過ごし方だと思う。


posted by ごっち at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 台東区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダンデライオン・チョコレート ファクトリー&カフェ蔵前

ダンデライオン・チョコレート ファクトリー&カフェ蔵前

・住所 東京都台東区蔵前4-14-6
・電話 03-5833-7270
・時間 10:00 - 19:00
・定休 なし

ダンデライオン・チョコレート 店舗外観


スイーツの百名店「ダンデライオン・チョコレート ファクトリー&カフェ蔵前」に娘と行ってきました。お店には日曜日の11:08着と早い時間に行ったにも関わらず、混雑していて入店制限がかかっていました。

ダンデライオン・チョコレート 入店制限


チョコレートの製造工程を見ることができる同店は、1階がチョコレートファクトリー、2階はゆったりとしたカフェスペースとなっています。倉庫をイメージした店内は天井が高く開放感があります。テイクアウトとイートインの両方に対応しています。

ダンデライオン・チョコレート スモア+ラテ

ダンデライオン・チョコレート スモア

ダンデライオン・チョコレート ラテ


スモア(620円)+ラテ(600円)・・・「スモア」は、ホームメイドのグラハムクラッカーにマシュマロとチョコレートガナッシュがトッピングされている一品。サクッとした生地とマシュマロのやわらかい食感がマッチしています。

ダンデライオン・チョコレート カカオフルーツスムージー


カカオフルーツスムージー(780円)・・・娘の注文。





posted by ごっち at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 台東区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月09日

一風堂@六本木 チャーシュー源流醤油

一風堂@六本木 チャーシュー源流醤油

・住所 東京都港区六本木4-9-11 第2小田切ビル1F
・電話 03-5775-7561
・時間 11:00 - 23:00(L.O. 22:30)
・定休
・記事 「一風堂」記事一覧

一風堂 六本木店 店舗外観


「一風堂 六本木店」に行ってきました。最寄駅は六本木。お店には平日の16:22着で、中途半端な時間だったので空席多数といった状況。

六本木店限定メニュー「源流醤油」の存在が、六本木店の価値を高めているでしょうか。一風堂では定番の白丸・赤丸・極からか麺のほかに、一部店舗では店舗限定のラーメンを提供しており、地域の食材を活かした一杯や、独特のストーリーを宿した一杯など“ここだけ”の希少な一杯を楽しめるのも魅力です。

一風堂 六本木店 チャーシュー源流醤油

一風堂 六本木店 チャーシュー源流醤油


チャーシュー源流醤油(1,380円)・・・福岡・糸島の老舗の醤油に、国産の「焼きあご」をだしに加えた透明な豚骨スープ。隠し味の青唐辛子がぴりりと香ります。トッピングには昔ながらのメンマと、ひと手間加えた燻製チャーシュー。懐かしさもありながら、今までにないだしの重なりを楽しめる一杯です。


ラベル:一風堂
posted by ごっち at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする