2010年03月18日

特製つけめん松@小田原 特製濃厚つけめん

【閉店しました】

特製つけめん松 特製濃厚つけめん
駐車場有(店舗前5台/裏手2台)


・住所 小田原市飯泉21-4
・電話 0465-48-5542
・時間 11:30-14:50 / 17:30-25:40 (日曜-24:00)
・定休 水曜日
・HP http://www.amazing-corp.com/matsu/
・記事 『松』記事一覧

特製つけめん松 店舗外観.JPG

小田原の地においては貴重な濃厚豚骨魚介のお店。夜の部は居酒屋も兼ねた営業となり、お酒にツマミも楽しめるように。その為に営業時間も深夜までなのが嬉しいですね。駐車場は店舗前の他に、裏手にも用意されています。

前回訪問時に普通のつけ麺を食べ、お店の看板には「濃厚」と書かれているのに濃厚さを感じなかったので残念に思ったのですが、実は濃厚は濃厚で別にメニューが用意されていたと後から気付き、今回の再訪となりました。

特製つけめん松 特製濃厚つけめん.JPG

特製濃厚つけめん(800円)・・・なるほど、確かに通常のつけ麺より濃厚なのが出てきました。と言いますか、想像していた以上に旨いのが出てきたぞ。こうなると浅草開化楼から大黒屋製麺へと変えた麺が惜しい、スープの濃厚さに麺が負けちゃってるんですね。開店当初の開化楼の時に、こちらの濃厚で食べてみたかったな。

特製つけめん松 ラーメン.JPG

ラーメン(700円)・・・濃厚つけ麺の出来を思うと、違う店ではないのかと言いたくなるくらいにバランスの悪いラーメンが出てきました。油油油していて甘くて薄い豚骨スープに細麺が合わさります。居酒屋も兼ねた営業をしているのであれば、呑んだ後の〆にもなるような1杯とするなり、方向性をもう少しなんとか。つけ麺に対し、ラーメンは好みではありませんでした。

満足度:★★★★★☆☆☆☆☆

マカフィー・ストア
ラベル:
posted by ごっち at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 小田原 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

ブッダガヤ@小田原 ブッダガヤ&くまもと

くまもとらーめんブッダガヤ ブッダガヤ&くまもと
駐車場有(店舗斜め向かいの山重パーキング/2台)


・住所 小田原市栄町3-14-14
・電話 0465-23-4003
・時間 平 日 11:30〜14:00 / 17:00〜22:00
    土日祭 11:30〜21:00
・定休 月曜日
・記事 『ブッダガヤ』記事一覧

くまもとらーめんブッダガヤ 店舗外観.JPG

神奈川の、特に西湘地域のラーメンを語る上で絶対に外す事の出来ないお店と言いましょうか。店主は「桂花@新宿」の出身だそうです。店内は強烈な豚骨臭、もとい異臭に覆われています。と言うか、お店の近くに行くと店内に入る前から既に臭っていますけどね。この臭いに耐えられるかどうかが第一関門、味のみならず好き嫌いがハッキリ出るお店です。

くまもとらーめんブッダガヤ ブッダガヤ1.JPG

くまもとらーめんブッダガヤ ブッダガヤ2.JPG

ブッダガヤ(950円)・・・店名を冠したブッダガヤです。時間をかけて煮込んだ、とろけるような角煮が入っています。超濃厚なスープに超強烈な臭いに、ニンニクの焦がし油であるマー油が追い討ちをかけます。箸休めであるキャベツの存在に救われながら食べ進むにつれ、いつの間にか臭いに味に慣れてきて美味しいと感じるようになる自分がいる。こいつぁ某店よりよっぽどうまいぜベイビーですな、参ったラーメン認定します( ゚д゚)ノ■ペタッ

くまもとらーめんブッダガヤ くまもとらーめん.JPG

くまもとらーめん(700円)・・・上で書いたブッダガヤのスープの色が真っ黒に見えるのはマー油によるもの、こちらと比較すると分かりやすいかな。1番の基本メニゥであるこちらはチャーシューが乗ってきます、こちらも旨しです。取材拒否店なのでメディアに露出する事はないですが、神奈川に住んでいるのなら1度は食べてみる価値のあるお店だと思います。

満足度:★★★★★★★☆☆☆

posted by ごっち at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

とらたま@小田原 鍋焼き赤玉みそ

麺処とらたま 鍋焼き赤玉みそらーめん
駐車場有(はつ花の隣/3台)


・住所 小田原市酒匂5-5-16
・電話 0465-49-3329
・時間 月〜金 11:30〜15:00 / 17:00〜21:45
    土日祝 11:30〜21:45
・定休 無休
・記事 『とらたま』記事一覧

麺処とらたま 店舗外観.JPG

とみぶーさんから「とらたまは源平の店主だった方が〜」との情報をいただき、ならばと源平まで徒歩3分の某団地住まいの源平常連を連れ出し再訪。さすが常連なだけあり店主も顔を覚えていてくれて、互いに「源平の!」みたいになってました。その後は源平の話から修行先の話、同期の方のお店の話に店主の食べ歩きの話と色々聞けて楽しかったです。とゆ事でこちらのお店は「源平@平塚」の店主だった方が出したお店になります。駐車場は「そば処はつ花」の隣に3台分用意されています。

麺処とらたま 鍋焼き赤玉みそらーめん2.JPG

麺処とらたま 鍋焼き赤玉みそらーめん1.JPG

鍋焼き赤玉みそらーめん(1050円)・・・コマツ屋製麺特注のごんぶとちぢれ麺を土鍋でコトコト煮込んでいます、クリーミーな舌ざわりとツルンとした喉越しが楽しめます。秘伝の赤玉は20種類のスパイスとXO醤、韓国産唐辛子をブレンドした辛味噌。お口いっぱいに広がるエスニックな香りと、後からじんわりくるまろやかな辛さが楽しめます。麺食後はご飯をぶっこんでラーメンおじや。いやぁ寒い今の季節には最高の1杯になっていますね。

麺処とらたま 煮干香るつけめん.JPG

煮干香るつけめん(700円)+大盛り(100円)・・・源平にも同メニゥがありますが、味は全くの別物でした。同行者と揃って「こっちのが旨い!」

麺処とらたま 最強の杏仁豆腐.JPG

最強の杏仁豆腐(100円)・・・美味しいけれど、ボリュームは極小w

満足度:★★★★★★★☆☆☆

ラベル:とらたま
posted by ごっち at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 小田原 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

特製つけめん松@小田原 特製もりそば

【閉店しました】

特製つけめん松 特製もりそば
駐車場有(店舗前5台/裏手2台)


・住所 小田原市飯泉21-4
・電話 0465-48-5542
・時間 11:30-14:50 / 17:30-25:40 (日曜-24:00)
・定休 水曜日
・HP http://www.amazing-corp.com/matsu/
・記事 『松』記事一覧

特製つけめん松 店舗外観.JPG

小田原の地においては貴重な濃厚豚骨魚介のお店。夜の部は居酒屋も兼ねた営業となり、お酒にツマミも楽しめるように。その為に営業時間も深夜までなのが嬉しいですね。駐車場は店舗前の他に、裏手にも用意されています。お店のHPを見たら「小田原店」となっています。どこかの支店なのかと調べてみたのですが、ちょっと良く分かりませんでした。

特製つけめん松 特製もりそば.JPG

特製もりそば(750円)+極太メンマ(200円)・・・お店の看板には「特製濃厚つけめん」とあるので勝手に粘度ドロドロ系なのかと想像したのですが違いました。動物系の濃度はそれほどではなく、魚介の方が感じやすいスープですね。甘さや酸味等も含めて全体的なバランスがよくて、250gの麺があっちゅー間になくなりました。ちなみに麺は目黒の大黒屋製麺なんだとは最新ラーメンの本(vol.5)(通称:石山本)より。極太メンマはトッピングの値段としてはちょいと高いかな、お酒のツマミとして見るならありだけれど。

実はこっそりと券売機の写真も撮っていて、家に帰って拡大して見てから気付いたのですが、別に「特製濃厚つけめん」というメニゥがあるみたいで。もしかしたらそちらが濃度ドロ系なのかも。濃厚も食べにまた来たいところです。

特製つけめん松 ミニチャーシュー丼.JPG

ミニチャーシュー丼(250円)・・・お酒のツマミ用にだと思うのですが「特選高座豚 炙りチャーシュー盛」なんてメニューもあるお店ですから、チャーシューにも力を入れてるんだろうなと注文。んー、感想は特になし(ノ∀`)ペチョン

満足度:★★★★★☆☆☆☆☆

マカフィー・ストア
ラベル:
posted by ごっち at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 小田原 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

とらたま@小田原 らーめん塩味

麺処とらたま らーめん塩味
駐車場有(はつ花の隣/3台)


・住所 小田原市酒匂5-5-16
・電話 0465-49-3329
・時間 月〜金 11:30〜15:00 / 17:00〜21:45
    土日祝 11:30〜21:45
・定休 無休
・記事 『とらたま』記事一覧

麺処とらたま 店舗外観.JPG

駐車場は「そば処はつ花」の隣に3台分用意されています。

麺処とらたま らーめん塩味.JPG

らーめん(650円)・・・別々に炊き出した豚鶏魚のトリプルスープに貝が合わさっています。濃厚なスープで鶏や貝の旨味が強く出ていますね。特に特有な味わいの貝類が特出していて、ややクセのある1杯になっているかな。でも個人的には好きな味、アクセントの柚子もいい感じでした。

源平@平塚」と、別炊きのトリプルスープである事、煮干し香るつけめんというメニゥが共通してある事から、もしかしたら何か関係があるのかも知れないなと思いましたが、確認はしていません。

満足度:★★★★★★★☆☆☆

ラベル:とらたま
posted by ごっち at 04:12| Comment(12) | TrackBack(0) | 小田原 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする