2008年11月09日

支那そばや本店@戸塚区 醤油金華豚

支那そばや本店 醤油金華豚チャーシュー
駐車場無(店舗両隣がコインP/3台&4台)


・住所 横浜市戸塚区戸塚町4081
・電話 045-827-3739
・時間 11:00〜スープ切れまで
・定休 不明
・記事 『支那そばや本店』記事一覧

支那そばや本店 店舗外観.jpg

ガチンコラーメン道に出演した事で、一般の方にも全国区の知名度となった佐野実さんのお店。以前は鵠沼にあった支那そばやの本店が、復活したと言うか4年もの時間をかけて移転したと言うか。

支那そばや本店 醤油金華豚チャーシュー1.JPG

醤油金華豚チャーシュー(1350円)・・・ラーメンの鬼・食材の鬼が作る1杯ですから、それなりのお値段しちゃいます。メンマは中国産の完全醗酵穂先メンマ、のりは有明産海苔、ネギは京都産九条ネギ、チャーシューは山形県平田牧場の三元豚バラ肉。有田焼のドンブリも醤油と塩で使い分けていて、それぞれが最も美味しく食べれる形状に特別に作っているんだとか。

支那そばや本店 醤油金華豚チャーシュー2.JPG

日本国内では「幻の豚」などとまで言われている金華豚を使ったチャーシューが右側。枚数は数えてませんが、5〜6枚くらい入っていていたように思います。この金額を出すだけの価値はある美味しさ、せっかくこの店に来たならケチな事は言わずに奮発しちゃってもいいんじゃないかな。そんで左側が三元豚バラ肉、デフォでも入っているであろう1枚と思われます。どっちも美味しいんですけどね、金華豚はやっぱ別格だなと思わせるものがありました。ちゅーか、支那そばや本店そのものが別格なんだろうね、旨かったです(´▽`*)

1つ気になったのは、スタッフが6名(厨房4名:ホール2名)もいるのに水がセルフって事。いやいや、別にいいんだけどさ。ホールが2名いるとさ、手の空く時ってのも出てくるみたいなんですよ。そういう時くらいは臨機応変に水を出してくれてもいいんじゃないかなとね、小さい事ですけど。『お水はセルフでお願いします』の後に突っ立っているだけのスタッフを見ると、どうにも違和感を覚えるのは俺だけではないはずです。

満足度:★★★★★★★☆☆☆

posted by ごっち at 11:20| Comment(13) | TrackBack(7) | 戸塚区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月05日

麺どころ魁@保土ヶ谷区 魁らーめん

麺どころ魁 魁らーめん
駐車場無(周辺有料P利用)


・住所 横浜市保土ヶ谷区星川3-7-27
・電話 非公開
・時間 11:30-14:30 / 18:00-22:00
・定休 月曜日
・記事 『麺どころ魁』記事一覧

麺どころ魁 店舗外観.JPG

製麺技能士の国家資格を取得している店主のいるお店で、鳥居式ラーメン塾の出身です。と言うか、鳥居式ラーメン塾の元講師さんだそうです。

麺どころ魁 魁らーめん1.JPG

麺どころ魁 魁らーめん2.JPG

魁らーめん(980円)・・・頼んだのは店名を冠した魁らーめん。メニュー名に「魁」とあるものはチャーシューに海苔にメンマが増量、そして半熟味玉の追加トッピングがされたものになり、通常メニューに比べ250円お値段がアップしますが、基本的にはお得感のあるものになっております。

麺どころ魁 魁らーめん3.JPG

国家資格まで取得した店主の打つ自家製の麺は、香川県産の高級讃岐うどん用の小麦粉を使用していて、ものすごいモッチリ感のあるもの。これに私の好きな濃厚な豚骨×魚介のスープが合わさるとくれば、美味しくないわけがないですよね。濃厚ではあるのですが後に残る重さもなく「やっぱ私はこの系統が好きなんだなあ」と再認識させてくれた1杯でした。

満足度:★★★★★★★☆☆☆

ラベル:
posted by ごっち at 18:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 戸塚区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

とかとんとん@港南区

とかとんとん ネギ味噌ラーメン
駐車場有(店舗横/2台)


・住所 横浜市港南区日野8-5-9
・電話 045-845-6260
・時間 11:30〜16:00 / 19:00〜翌4:00
・定休 第3火曜日

とかとんとん 店舗外観.JPG

鎌倉街道沿いにあるお店ですね。駐車場は店舗横に2台分用意されています。お店寄りの2台分がそうであって、他のスペースは他の施設の駐車場になっているので要注意。店内は毎日拭き掃除をしているそうで、厨房まで含めてピカピカ。お店は夫婦でやっているみたいなのですが、営業時間が長いので交代制みたい。席数がかなり多いので、1人で切り盛りするだけでも大変そうなのに毎日拭き掃除とは凄い。

とかとんとん ネギ味噌ラーメン.JPG

ネギ味噌ラーメン(770円)・・・味噌にオススメの文字が見えたのでネギ味噌にしてみました。あっさりではないものの、しつこさのない印象。店主さんは「家系に飽きた人に来て欲しい」と。時間も遅くまでやってるし駐車場はあるし、座敷もあるから子連れでも問題ないしと使い勝手はいいお店だと思います。

満足度:★★★★★★☆☆☆☆


●他の方の同店に対する記事
 『ラーメン・湘南・プラス』-ネギラーメン
 『ラーメン大好き草野球馬鹿の日々』-ラーメン


↑こちらの本に掲載されてるお店です↑
posted by ごっち at 15:34| Comment(2) | TrackBack(1) | 戸塚区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月03日

めん処 樹@保土ヶ谷区

めん処樹 醤油チャーシュー麺
駐車場無(周辺コインパーキング利用)


・住所 保土ヶ谷区天王町1-32-17
・電話 090-2200-8431
・時間 11:30〜14:30 / 18:00〜21:00 (土日祭の昼 〜15:00)
・定休 月・火曜(月・火曜が祝日の場合も休み)

めん処樹 店舗外観.JPG

最近は行動範囲の拡大に伴い、移動代やらの出費まで比例して順調に増えていってます。今年の2月に納車した車も、走行距離が1万5千キロいってますからねー。たぶん1万2千キロはラーメンの為に使っているんじゃないかな、阿呆ですな。まぁ新規開拓をしようと思えば遠くまで行くしかないですしね、てな事で今回は保土ヶ谷区にある樹(たつのき)です。【隠國別館@相模原(未訪)】の店長だった人が独立して出したお店になります。支店である別館は未訪ですが、本店である【隠國@愛甲郡】には行っています。

めん処樹 醤油チャーシュー麺1.JPG

醤油チャーシュー麺(850円)・・・魚介がほのかに香るスープですね。隠國も確かチャーシューに力を入れてたなと、こちらでもチャーシュー麺を。

めん処樹 醤油チャーシュー麺2.JPG

麺は自家製、当然の事ながらスープにもよく合いますね。俺の家からは秘境(ぁ)である隠國に行くのも、ここに行くのも同じくらいの距離なのであまり差はないけど、人によってはこの場で隠國が味わえる・・・みたいな感じで便利?

満足度:★★★★★★★☆☆☆


●他の方の同店に対する記事
 『ラーメン・湘南・プラス』-特製醤油らあ麺
 『ふらわのだらだらだいあり2』-塩らぁ麺
 『ラーメン大好き草野球馬鹿の日々』-醤油らあ麺


↑こちらの本に掲載されてるお店です↑
posted by ごっち at 23:59| Comment(8) | TrackBack(2) | 戸塚区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月02日

しんの助@戸塚 おっす!おら、しんの助だぞ

しんの助@戸塚 肉そば
駐車場無(周辺有料P利用)

・住所 戸塚区戸塚町4701
・電話 045-871-6803
・時間 11:30-14:30 / 18:00-22:00
・定休 火曜+第3月曜

しんの助 店舗外観.JPG


おっす、オラしんのすけ・・・に行ってきたぞ。豚骨・鶏の動物系に魚介を合わせたスープが美味しいと人気のお店ですね。

しんの助 メニュー1.JPG

しんの助 メニュー2.JPG


メニュー構成は基本的に「中華そば」と「つけそば」です。後はそれに何をトッピングするかです。得そばはチャーシューの大きな切れ端と味玉が加わるお得なそば。それでも店の売りのチャーシューを充分堪能出来まるのですが。が。が。

しんの助 肉そば1.JPG

しんの助 肉そば2.JPG


肉そば(990円)・・・チャーシューを満喫するならこれ。このチャーシューには300円の価値があると思います、得そばのチャーシューとは違うようなので、値段との兼ね合いもあるでしょうが出来る事なら贅沢に豪勢にこちらの肉そばでいってほしい。さて、魚介の風味が香る和風豚骨、焦しネギがいいアクセントになっています。見た目には濃厚ですが、口当たりの軽いバランスのいい1杯に仕上がっています。麺は中細ストレート、確か三河屋製麺だったような。スープとの相性はいいですね、ホント全てにおいて抜かりがないです。系統的に私の好みど真ん中というのを置いといても充分に美味しいです。駐車場が有料でもちょっと遠いので、そこがマイナスなくらいでしょうか。無化調なので子供連れでも安心して利用できるというのもポイント高いです。

満足度:★★★★★★★☆☆☆

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
ラベル:しんの助
posted by ごっち at 01:08| Comment(4) | TrackBack(3) | 戸塚区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする