2011年04月23日

二代目げんこつ屋@ラー博

二代目げんこつ屋 醤油ら〜めん
駐車場有(施設利用で30分無料)


・住所 横浜市港北区新横浜2-14-21
・電話
・時間 平 日 11:00-21:30頃(日によって違います)
    土日祝 10:30-21:30頃(日によって違います)
・定休 無

二代目げんこつ屋 店舗外観.JPG

※4/20オープン オープン前日の19日の試食会に行ってきました。先代のげんこつ屋もラー博に出店しており、二代目による凱旋と言うか復活と言うか。私は先代の頃を知らないのですが、二代目と言うだけあり先代の息子さんがお店を出された事、またこの息子さんは以前ラー博に出店していた頃の店長さんでもあると言う事から、昔の味にかなり近いものが提供されるお店なのではないかなと、勝手に想像してみます。

二代目げんこつ屋 醤油ら〜めん.JPG

醤油ら〜めん(800円)・・・試食会では醤油と塩のみの提供と言う事で、どちらがオススメかを聞いたら醤油との返答をいただき醤油に。マグロ節をメインとした和風スープと豚骨、鶏ガラから抽出した白湯スープをブレンドしたスープは毎日食べても飽きのこない、絶妙なスープバランス!とはお店の説明を丸写し。とりわけ「普通」と言う感想しか出てこないかなぁ。路面店でこの値段で営業していたら、きっと高いと感じるだろうなと言うのが正直な感想ですね。交通費がかかる遠い地で営業しているお店に関しては、ラー博で食べれてラッキーみたいに納得するのですが。

満足度:★★★★★★☆☆☆☆

posted by ごっち at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 港北区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月18日

麺の坊 砦@ラー博 のりと半熟玉子らぁめん

麺の坊 砦 のりと半熟玉子らぁめん
駐車場有(施設利用で30分無料)


・住所 横浜市港北区新横浜2-14-21
・電話
・時間 平 日 11:00-21:30頃(日によって違います)
    土日祝 10:30-21:30頃(日によって違います)
・定休 無
・記事 『砦』記事一覧

麺の坊 砦.JPG

4/17OPEN! ラーメンマップ神奈川の著者であるtomi-booさんより招待を受け、15日のプレオープン試食会に行ってきました。こちらのお店の店主は、かつて博多一風堂がラ博に出店した際に店長を務めたていた方と言う事で、ラ博への凱旋出店とでも言いましょうか。本店は渋谷区は神泉町にあります。

麺の坊 砦 のりと半熟玉子らぁめん.JPG

のりと半熟玉子らぁめん(880円)・・・20時間以上かけて強火で煮込むスープは、しっかりと豚の旨みが抽出されているのに、さらっとしたクリーミーな仕上がり。豚骨特有の匂いはほぼ皆無に等しく、匂いが苦手な人でも食べる事が出来ると思います。麺は食券を渡す際に細麺か太麺かを聞かれますが、お店の方にオススメを聞いたら「細麺がオススメです」との返答をいただいたので細麺で注文しています。替玉も出来るので、細麺と太麺の両方を試してみるのもいいでしょうね。

麺の坊 砦 砦のおむすび.JPG

砦のおむすび(250円)・・・明太マヨソース付のおむすびです。これを食べる事で「せっかくラーメン博物館に来たんだから、他のお店でも食べてみたいな」とするにはお腹に余裕がなくなってしまう事は確実ですけどね。麺を食べ終えた後のスープに投入しても楽しめるんじゃないでしょうか、なかなか面白いサイドメニューだなと思います。

満足度:★★★★★★☆☆☆☆

posted by ごっち at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 港北区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月13日

麺屋うずまき@鶴見

麺屋うずまき 八木らぁめん&つけ麺
駐車場無(周辺有料P利用)


・住所 横浜市鶴見区鶴見中央1-23-18
・電話 非公開
・時間 平日11:30-15:00 / 18:00-22:00
    土曜11:30-22:00
    日曜11:30-20:00
・定休 月曜日

麺屋うずまき 店舗外観.JPG

【送料無料】最新ラーメンの本(vol.7)に掲載されているお店ですね。昨年は牛骨がブームだったとの事で、牛白湯な1杯を提供するこちらのお店が取り上げられていました。そもそもラーメンに流行などと言われましても都内の方には楽しめると思うのですが、それ以外の人は食べる為にまず都内やその周辺に行く、と言うところから始めなければならないので、ラーメンの為に行動する人もそう多くはないであろう事を思えば、ブームと言われても非常に感じづらいものがありますよね。言うても食事ですから「流行っているらしいから食べに行こう」などと誘われるより「美味しいらしいから食べに行こう」と誘われる方が私としては感じるものが多いですし、ブームというものを作り出すのも難儀な事だなと思ってしまいます。

麺屋うずまき 八木らぁめん.JPG

八木らぁめん(680円)・・・牛骨を16時間以上強火でガツガツ煮込んだスープにオ○コ、いや、お米を咥えて、いや、加えて仕上げたと言う、こちらのお店の一押しがこちらになります。そりゃ下ネタも出てしまうよ、な牛パイ○ン!牛骨の濃厚でまろやかな旨味とお米独特のやさしい甘みが絡みあう(*´д`*)パッション!!

豚や鶏とは味の受け方がまったく違いますね。白湯と言えども牛を用いた場合は、鶏白湯のように濃度ド━(゚Д゚)━ ン !!!粘度ド━(゚Д゚)━ ン !!!ではないのですが、旨味がしっかりと出ていて、それでいて臭みなどはまったくないところは、お店のレベルによるものなのでしょう。しかしながら、やはりラーメンとして食べなれている食材ではないので違和感を覚えてしまうのは仕方のない事なのでしょうか。

麺屋うずまき つけ麺.JPG

つけ麺(750円)・・・写真のみ掲載。麺箱に「カネジン食品」と書いてあったよ、とは個人的なメモです*゚ー゚)φメモメモ...

満足度:★★★★★☆☆☆☆☆

ラベル:うずまき
posted by ごっち at 02:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 港北区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月04日

てんか@鶴見

自家製麺てんか 特製らーめん&つけ麺
駐車場無(店舗斜め向かいコインP)


・住所 横浜市鶴見区鶴見中央2-9-17
・電話 045-502-1099
・時間 11:30-14:30 / 18:00-21:00
・定休 火曜+月曜夜
・記事 『てんか』記事一覧

自家製麺てんか 店舗外観.JPG

新年のご挨拶、と訪問したのは1/5の事でした。川崎大師に行く予定で、まずは鶴見で腹ごしらえ。となれば行くのは当然こちらになるわけです。そしてあまりの満足感に川崎大師に行くのが億劫になり、鶴見神社で初詣を済ませるという、まぁ予想はしていたパターンになってしまいました。昨年10/1にリニューアルオープンしており、自家製麺への変更に伴い店名も「とろとろ肉そば てんか」から「自家製麺てんか」になっています。

自家製麺てんか 特製らーめん.JPG

特製らーめん並(850円)・・・見た目で分かるように濃厚豚骨魚介系となっております。しかしながら、ありきたりな1杯には終わっていません。濃厚で粘度もありながらも、くどさをまったく感じさせないんですよ。合わさる自家製麺も言うまでもなく美味しい。鶴見周辺のお店の新規開拓をしたい、と言う思いもあるにはあるのですが、このお店がある限りは難しいでしょうね(笑)

自家製麺てんか つけ麺.JPG

つけ麺大(800円)・・・こちらは同行者の注文。自家製麺のレベルの高さが、つけ麺だとより良く分かります。もちろん麺だけではなく、あくまで全体としての仕上がりの高さがあってこそ、麺が活きるものになると思うので、当然全てにおいて満足感の高い1杯になっているなと。また、味のみならず、お店の方にお店を好きな方にと、人が素晴らしいのもポイントですな。また鶴見に行った際は寄らせてもらいます(≧∇≦)b

満足度:★★★★★★★★☆☆

ラベル:てんか
posted by ごっち at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 港北区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月24日

てんか@鶴見 烏骨鶏の特級塩らーめん

自家製麺てんか 烏骨鶏の特級塩らーめん
駐車場無(店舗斜め向かいコインP)


・住所 横浜市鶴見区鶴見中央2-9-17
・電話 045-502-1099
・時間 11:30-14:30 / 18:00-21:00
・定休 火曜+月曜夜
・記事 『てんか』記事一覧

自家製麺てんか 店舗外観.JPG

10/1にリニューアルオープン!自家製麺への変更に伴い店名も「とろとろ肉そば てんか」から「自家製麺てんか」になりました。製麺室を設けた事によりお店の造りにも変更があり、製麺室横には棟梁のサインを見つける事が出来ました(σ ̄ー ̄)σミツケタヨッ ちなみに言うまでもなく前記事「MAX BET」からの連食となっております。

自家製麺てんか 烏骨鶏の特級塩らーめん.JPG

烏骨鶏の特級塩らーめん(850円)・・・10/16(土)の限定です。高級食材として知られる滋養豊富な烏骨鶏を使用、これまでの烏骨鶏ではない鶏を使ったラーメンから受ける鶏の旨みの印象とはまるで違う、前面に鶏の旨みが出るわけじゃないけど、しっかりと深く鶏の旨みがあると言うか。んんん、説明難しいけど面白いなという感想を持ちました。

自家製麺てんか 汁なし担々.JPG

汁なし担々(750円)・・・変わり坦坦麺も名前を変え、汁なし担々になりました。もちろん名前だけでなく内容も色々と変更になってます。今回はそのまま食べきっちゃいましたが、変わり坦坦同様にスープをいただく事も可能なようです。

満足度:★★★★★★★★☆☆


ラベル:てんか
posted by ごっち at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 港北区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする