2008年08月17日

麺処くるり@カップ麺

十勝新津製麺 麺処くるり/みそらぁめん

十勝新津製麺 麺処くるり/みそらぁめん1.JPG

十勝新津製麺 麺処くるり/みそらぁめん2.JPG

東京は市ヶ谷にある『麺処くるり』の、あのトロッとした濃厚なみそらぁめんを再現したカップ麺との事。久々に十勝新津製麺を食べる気がします。十勝新津製麺と言えば氷結乾燥ノンフライ麺。今回はこの氷結乾燥の麺がやや太めなものになっていて、とろみのあるスープと良く絡むようになっていて美味しいなぁと思いました。ただ、スープのとろみと言うよりは溶けてない粉末スープのかたまりが・・・な状態にもなっていたのが残念。え?俺の作り方に問題がある?w

本物の再現度・・・というのは置いといて、なかなかレベル高かったですよ。レベルのみならず、お値段までもが298円と高めなんですけどね、まぁ満足です。

満足度:★★★★★★☆☆☆☆


↓同じ画像ですけど、クリックで拡大します。
十勝新津製麺 麺処くるり/みそらぁめん3.JPG 十勝新津製麺 麺処くるり/みそらぁめん4.JPG

ラベル:十勝新津製麺
posted by ごっち at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | カップ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月09日

ミルクカレー

日清食品 カップヌードル/ミルクカレー

日清食品 カップヌードル/ミルクカレー2.JPG

日清食品 カップヌードル/ミルクカレー1.JPG

日清食品 カップヌードル/ミルクカレー3.JPG

「カップヌードルカレーをホットミルクで作ると美味い」と言う、インターネットなどで流れるカップヌードルに関するウワサに注目して開発された商品。日清食品さんも、着眼点が面白いよね。味に関しては、美味しいというより食べ慣れた安心感の出来る味である事の方が大きいかなと。価格も意外と高いですしね、普通に考えると不満もあるんでしょうけど。写真のお湯が異様に少ないのは、コンビニでお湯を入れて、ドリンクホルダーに突っ込んで車で帰るにあたり、こぼしたくないという理由からです。こんな阿呆は滅多にいないでしょうね。

GigaziNE】ではカレー・ミルクカレー・スパイシーカレー・レッドカレーの4種類をそれぞれお湯とホットミルクで同時に作り食べ比べるという、おバカと言うか、流石な実験をしている。ただ単にカレーをミルクで作った場合と、このミルクカレーの商品の味とは違いがあるみたいなので、そのうち俺もカレーにミルクで作ってみよっかな。あ、家でお湯(ミルク)を沸かせないから無理か・・・

満足度:★★★★★★☆☆☆☆

↓同じ画像ですけど、クリックで拡大します。
日清食品 カップヌードル/ミルクカレー4.JPG 日清食品 カップヌードル/ミルクカレー5.JPG


●他の方の同商品に対する記事
 『麺食い日記
 『かっぷめんblog
 『カップ麺をひたすら食いまくるブログ

プレミア焼酎買うなら酒蔵(さけぐら).com プレミア焼酎買うなら酒蔵(さけぐら).com
ラベル:日清食品
posted by ごっち at 11:34| Comment(2) | TrackBack(0) | カップ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月23日

濃旨ペッパー醤油味

明星食品 美味しさ新発見/濃旨ペッパー醤油味

明星食品 美味しさ新発見/濃旨ペッパー醤油味1.JPG

明星食品 美味しさ新発見/濃旨ペッパー醤油味2.JPG

ラーメンデータバンク】代表の大崎裕史氏による監修のカップ麺。

美味しさ新発見とは「全国から隠れた美味しさをお届けします」をコンセプトにしたブランドで、今回は大阪の隠れたご当地「大阪・高井田系」のラーメンが。麺は高井田系ラーメンの特長である、うどんのような太麺に仕上げ、しっかりとした食べごたえのある食感となっている。スープは力強く濃い醤油味のスープに、刺激的なペッパーを効かせ、太めの麺と相性良くまとめている。

ペッパーの刺激は想像していたよりも全然強く、正直なところ口の中はペッパー警部に邪魔をされまくりなわけで、私達はこれからいいところだったにも関わらず、スープの味があまり分からないまま終わる結果に。麺は太めのノンフライ麺なんですが、刺激があるだけで旨味なんか全然感じないスープで食べるにはちょっとキツかったかな。もうちょっとスープを味わえる程度に刺激が抑えられたものだったら良かったのですが、高井戸系がこういう物なのかも知れないしね。高井戸だけに、刺激感が高いど!なんつって・・・

タァ━━||Φ|(|´|∀|`|)|Φ||━━イホ!

※オチを ×高井戸 ○高井田 と間違えてますが気にしない・・・w

満足度:★★★★★☆☆☆☆☆

↓同じ画像ですけど、クリックで拡大します。
明星食品 美味しさ新発見/濃旨ペッパー醤油味3.JPG 明星食品 美味しさ新発見/濃旨ペッパー醤油味4.JPG


●他の方の同商品に対する記事
 『カッペロ日記
 『駅前魔女食堂
 『カップ麺をひたすら食いまくるブログ

ラベル:明星食品
posted by ごっち at 22:12| Comment(4) | TrackBack(2) | カップ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月22日

大人のスーパーカップ

エースコック 大人のスーパーカップ/クリーミー塩バター味

大人のスーパーカップ/クリーミー塩バター味1.JPG

大人のスーパーカップ/クリーミー塩バター味2.JPG

金が尽きたのでカップ麺。大人のスーパーカップと言う事で、いったいそれは何カップなのかと非常にドキドキするところ。20周年でもあるようで、なんでも上質感や落ち着いた雰囲気をパッケージや商品特長とし、何度も食べたくなるちょっとリッチな「大人の」コクとキレをテーマにしてるとの事。エロゴージャスなデザインだなとは思ったんで、狙いとしては成功しているんでしょうか?ただ、スーパーカップにリッチさを求めるかどうかと言われると、企画段階で既に・・・

チキンとポークをベースに数種の香辛野菜を使用したクリーミーな塩スープ、別添のバター状ペーストで大人のコクを演出しているのでしょうか。麺が良くも悪くもスーパーカップのそれなので、そこが残念だったような気はしますが、全体的には悪くない印象。20周年の大人なスーパーカップ、もう1種類あるらしいので、そちらも食べてみようかな?とは思わせてくれる味ではありました。

満足度:★★★★★★☆☆☆☆

↓同じ画像ですけど、クリックで拡大します。
大人のスーパーカップ/クリーミー塩バター味3.JPG 大人のスーパーカップ/クリーミー塩バター味4.JPG


●他の方の同商品に対する記事
 『かっぷめんblog
 『カップ麺をひたすら食いまくるブログ

ラベル:エースコック
posted by ごっち at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | カップ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月06日

濃厚チーズ豚骨ラーメン

エースコック 濃厚チーズ豚骨ラーメン

エースコック 濃厚チーズ豚骨ラーメン1.JPG

エースコック 濃厚チーズ豚骨ラーメン2.JPG

ラーメン評論家、石山勇人氏のプロデュースによる商品。【ぐるなび/チーズラーメン特集】の一環なんだそうで、フタには「ぐるなび協力」の文字が。フタの裏にはコラボ企画に協力した店舗名が書かれていて「らぁ麺トラットリア」や「麺酒場 凪」なんかが参加してるみたいですね。

しかし、この石山氏の本を見ると「カレーやトマトのラーメンがブーム」とか「今年のトレンドは〜」といったのが多いですね。最近はトマト系を出す店が多くなってきた・・・程度であればいいんですが、ブームとか言われても、そんなもんで食べるものは選ばないですし、ブームなんてのは過ぎ去るもんだと思ってますし。まぁ色々とあるんでしょうけどね、そういったのを作り出す背景ってのも。

さて、味の方はと。見た目はちょっとアレですが、見た目ほどの危なさはなく、チーズだマー油だと色々入っているわりには、面白くまとまった1杯かなぁと。チーズパウダーは予想GUYなくらい量が多くびっくりしました。これが、濃厚なマー油入りの豚骨スープをマイルドにしてくれるんですね、面白い。

満足度:★★★★★★☆☆☆☆

↓同じ画像ですけど、クリックで拡大します。
エースコック 濃厚チーズ豚骨ラーメン3.JPG エースコック 濃厚チーズ豚骨ラーメン4.JPG


●他の方の同商品に対する記事
 『かっぷめんblog
 『カップ麺をひたすら食いまくるブログ

マカフィー・ストア
ラベル:エースコック
posted by ごっち at 02:16| Comment(2) | TrackBack(0) | カップ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする