2021年12月13日

大黒家@東陽町 壱系なお店

大黒家@東陽町
駐車場無(周辺有料P利用)

・住所 東京都江東区東陽3-27-25
・電話 03-5632-5959
・時間 11:20-25:00(日曜-22:00)
・定休 無休

大黒家@東陽町 店舗外観


「壱系」なお店です。娘と横十間川親水公園の水上アスレチックに行く前に寄りました。大黒家@生麦とは関係あるのでしょうか。

大黒家@東陽町 営業時間


学生さんには「うずら卵orコーンorライス並盛」の特典があるようですが、6歳の娘に何が欲しいか聞いてきたのには驚き。小学生(まだ年長ですが)でも学生という事でしょうか。とりあえず娘には「食べられなかったらパパが食べるから」とうずら卵をお願いしてもらいました。また、学生特典とは別に11:20〜16:00は小ライス1杯無料との事で、私は小ライスをお願いしました。

大黒家@東陽町 券売機


こちらのお店、券売機が二つあるのですが、手前の券売機は「とんこつ系専用」奥の券売機は「とり系専用」とそれぞれにメニューが異なりますので、その点は覚えておく必要があるかと思われます。

大黒家@東陽町 とんこつ醤油ラーメン並(680円)

大黒家@東陽町 とんこつ醤油ラーメン並(680円)カスタム


とんこつ醤油ラーメン並(680円)+小ライス(無料)・・・娘は「うずら卵、チャーシュー、ほうれん草」をいらないと私にくれたので、ちょっと豪華に(上の写真をカスタムした結果が下の写真)やはり家系のそれとは異なる壱系の仕上がり。家系ラーメンって個人的には豚骨の香りと旨みに醤油のキレがしっかり調和してこそだと思うので、醤油のキレを感じないクリーミー豚骨は、嫌いではないんだけれど家系と呼ぶ事には違和感を覚えてしまうのです。

大黒家@東陽町 とんこつ醤油ラーメン並(680円)+小ライス(無料)


クリーミー豚骨とライスの相性っていいですよね。私は壱系に「家系ではない」とは書きますが、嫌いではないのでペロリです。

満足度:★★★★★☆☆☆☆☆


ラベル:大黒家 家系 壱系
posted by ごっち at 01:51| Comment(0) | 江東区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月28日

麺屋 吉左右@木場 5年連続百名店

麺屋 吉左右 味玉らーめん
駐車場無(周辺有料P利用)

・住所 東京都江東区東陽1-11-3
・電話 03-3699-5929
・時間 11:30〜15:00頃
・定休 水曜+金曜+日曜

吉左右 店舗外観


5年連続ラーメンの百名店「麺屋吉左右」に行ってきました。取材拒否のお店なのでテレビはもちろんラーメン雑誌に登場することもありません。土砂降りの平日14:00店着で、さすがに店内空席ありでした。

吉左右 券売機


味玉らーめん(940円)・・・メニュー構成はシンプルに「らーめん or つけ麺」で、あとは大盛りにするかトッピングをどうするか程度の違い、券売機左上の法則で味玉らーめんにしました。

吉左右 味玉らーめん


魚介豚骨ですか、何が特出しているでもなく「魚介・動物・タレ」が重なり厚い層を形成しながらも嫌な部分がどこにもない絶妙なバランスに震える。何が強く主張しているわけでもないのに、あらゆる素材の旨味がとにかく強く深く印象に残る。私がこの系統を好むのは抜きにしても、これは異次元でした。

満足度:★★★★★★★★★☆


posted by ごっち at 11:44| Comment(0) | 江東区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月10日

なが田@亀戸 鶏だしのうまいらーめん

なが田@亀戸 濃厚鶏だしらーめん塩
駐車場無(周辺有料P利用)

・住所 東京都江東区亀戸5-17-22
・電話 03-5626-3013
・時間 11:00-15:00(売切れ次第終了)
・定休 水曜日

なが田 店舗外観

なが田 看板


看板にあるように「鶏だしのうまいらーめん」を出すお店です。客席を減らしてソーシャルディスタンスを確保する「間引き営業」が行われていて6席しか稼動しておりませんでした。土曜日の12:55にお店に着きましたが店内満席の外待ち無しの状況。

なが田 メニュー

なが田 メニュー


前会計なので入店前にメニューは決めておいた方がスムーズです。

なが田 濃厚鶏だしらーめん塩(790円)


濃厚鶏だしらーめん塩(790円)・・・濃厚鶏だしらーめんは「塩・醤油・味噌」から選べます。メニューの最初が塩なので塩を選択しました。鶏白湯ですか、甘さが変に出過ぎずに鶏の旨味が主張してくる感じ、後味もしつこくなくいいバランス配分。個人的には塩で正解か、シンプルに旨味を引き立てますね。自分は鶏が好きなんだなぁとしみじみ思いましたとさ。

満足度:★★★★★★★☆☆☆

ラベル:なが田
posted by ごっち at 01:57| Comment(0) | 江東区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月13日

来々軒@木場 タンギョー発祥のお店

来々軒 タンメン餃子
駐車場無(周辺有料P利用)

・住所 東京都江東区東陽3-21-4 ライオンズマンション1F
・電話 03-6458-6368
・時間 10:30-15:00 / 17:00-20:00
・定休 水曜日/第1週・第3週の木曜日

来々軒 店舗外観


「昭和34年創業の東京は木場の永代通り沿いにある町中華でタンギョウ発祥のお店」という情報を見受けられますが、正しくは「閉店した来々軒を、その店の常連が“來々軒”として復活させたお店」となります。こちらのお店の創業は昭和34年ではなく平成21年で、タンギョウの発祥店という事実は確認できません。こだわりの「餃子」と「ラー油」は、お店のHPよりお取り寄せができます。

来々軒 看板


食べログ 餃子 百名店2019選出店

来々軒 サービスタンメン野菜

来々軒 サービスタンメン野菜


タンメン餃子(1,290円)・・・まず初めにサービスタンメン野菜が提供されます。これが自家製ラー油をかけて食べると旨いこと。ビールが欲しくなりますが「熱いラーメン×冷たいビール」の組み合わせは好きじゃないんですよね。野菜&餃子とビールを堪能して〆にラーメンならいいんですけれど、時間差での提供をお願いするのは気が引けますし。

来々軒 タンメン


タンメンは鶏ガラや豚ゲンコツ、モミジなどを炊いた上品な清湯スープ、麺は浅草開化楼製の平打ち麺。正直なところタンメン単品ではやや物足りなさを覚える仕様なのかなと思ったりもしたのですが。

来々軒 餃子


餃子はむっちり厚い皮に包まれた豚肉のコクをしっかり感じるどっしり系。通常の約2倍の餡を包んだ特大サイズ、スープで茹でてから底面をラードで焼き、肉汁からあふれるコクがたまらない。単品では物足りなくも思いそうなタンメンと交互に食べれば、それぞれの旨さが倍増。気がつけばどちらもトリコ、くそぅこいつは旨い。

来々軒 タンメン餃子


持ち帰りの餃子を買う事も考えましたが、焼き目はパリッと側面はもっちりとした食感、肉汁唸る重量感たっぷりの見事な餃子は家では再現出来ないんだろうなと判断して、今後は定期的に通う事を誓いました(とりあえず次は餃子とビールで楽しみたい)

満足度:★★★★★★★★☆☆


posted by ごっち at 23:15| Comment(2) | 江東区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月05日

トナリ@東陽町 2021年7月11日で近くに移転

東京タンメントナリ@東陽町本店 タンギョウ
駐車場無(周辺有料P利用)

・住所 東京都江東区東陽3-24-18 サンヤマトビル1F
・電話 03-5632-8777
・時間 10:45-22:00
・定休 無休
・記事 「トナリ」記事一覧

トナリ@東陽町本店 店舗外観


土曜日に免許の更新で東陽町に、ところが土曜日は免許の更新が出来ないんですね。そんなこんなのトナリ東陽町本店です。どうやら2021年7月11日で現在の場所での営業は終了となるようですが、ほど近い場所にて2021年7月15日より移転オープンとなるようです。

トナリ@東陽町本店 看板


六厘舎が大崎にあったころ、六厘舎の隣でやっていたお店だから「トナリ」なんだとか。厚生労働省が推奨する成人一日あたりの野菜摂取量は350gですが、トナリのタンメンに使われる野菜は、一杯あたりなんと360gという事で、季節の野菜をたっぷり取り入れたトナリのタンメンは、野菜不足が叫ばれる現代人にぴったりの野菜たっぷりなラーメンという事になりますかね。

トナリ@東陽町本店 タンギョウ

トナリ@東陽町本店 タンメン


タンギョウ(880円)・・・食券を渡す際に「ショウガ入れますか?」と聞かれ、お願いしています。豚骨をベースとしながらも野菜の旨味もしっかりと溶け出し、力強くも口当たりマイルドな塩スープ、一般に想像しうる中華屋のタンメンとはまったくの別物。

満足度:★★★★★★★☆☆☆

posted by ごっち at 02:27| Comment(0) | 江東区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする