2007年12月11日

支那そばの里@相模原

支那そばの里 支那そば
駐車場道路挟んで路地奥


・住所 相模原市田名4836
・電話 042-761-0919
・時間 17:00〜24:00
・定休 月曜日

支那そばの里 支那そば1.JPG

◎食べたもの◎
支那そば(600円)+サービスで色々とヽ(´ー`)ノ


店舗は以前に移転し「ろばた焼里」と一緒になってます、道路を挟んで向かいに「しなそばの里」の看板だけが残っているので、夜遅くに行くと店どこやねん!となっちゃうかも知れません。えぇ、俺はなっちゃいましたよ?w

支那そばの里 支那そば2.JPG

成るべく昔の味に、支那そば風に近づけるべく作っていて化学調味料保存料等一切使っていないそう。自分の子供に安心して食べさせる事の出来るラーメンとの事。すっきりしているスープはホント昔ながらの〜的感じでイイですね。

支那そばの里 サービス1.JPG

支那そばの里 サービス2.JPG

「どこから来たの?」と聞かれたので「茅ヶ崎からです」と答えたら「そんな遠くからわざわざ?じゃぁこれも食べて行って」と色々サービスしてもらっちゃいました。たぶん普通に売り物です、ラーメン1杯でこんなにもらっちゃって、逆に申し訳なく思ってしまったり。どれも美味しかったです。

満足度:★★★★★★★☆☆☆

 
↑こちらの本に掲載されてるお店です↑
posted by ごっち at 21:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 神奈川-相模原・愛甲郡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ここは、会社の先輩の同級生のお店です。
食べに行きました

先輩は・・・
まずい。薄いを連発してましたね・・・w

でも、僕は結構すきでしたよ〜

Posted by じょすい(かんべ) at 2008年12月23日 02:05
「じょすい」って名前、懐かしいなぁ・・・w

会社の先輩の同級生のお店、先輩は同級
生の店に「まずい・薄い」を連発ですかw
無化調って、どうしても現代人には薄く
感じるんでしょうね、仕方ないのかな。

ラーメン王として有名な神の舌を持つ男の
石神さんの親戚とかで、メディアへの露出
が多いお店なんですよね、こちらのお店。
じょすいさんの舌も神に近いのかも?w
Posted by ごっち at 2008年12月23日 16:55
あは^^;

確かに懐かしいですねぇ・・・


舌・・・

神に近いか知らんけど
たいていのラーメンは食べ始めにインパクトを求めすぎてるっていうか・・・

食べていくと僕には濃すぎる味になるっていうか

なんていうか・・・

ココは最初は僕にも薄いって思う感じなんですよ、実は・・・

でも、食べていくうちに味がわかるって言うか

無理なく最後までおいしく食べれるんですね

大抵のは・・・
最後は我慢して食べてる感じです・・・;;


以前
仕事でたまたま近くに行ったので
六角家?屋?
に行ったんですが
あれはもはや拷問でした・・・w

Posted by じょすい at 2008年12月23日 22:25
なるほど、確かに食べ始めにインパクトを
求めすぎてる感じですよね。しかも最近は
その傾向がより顕著になってきたような。
食べ終わり時の感想の方が大事なのにね。

まぁそれでは客が呼べないって時代なんで
しょうねぇ。私もガツン系を好んで食べに
行っちゃいますし。六角家とか家系がダメ
なら、私の好みの店はほぼ全滅かもー?w
Posted by ごっち at 2008年12月25日 18:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック