2021年07月13日

来々軒@木場 タンギョー発祥のお店

来々軒 タンメン餃子
駐車場無(周辺有料P利用)

・住所 東京都江東区東陽3-21-4 ライオンズマンション1F
・電話 03-6458-6368
・時間 10:30-15:00 / 17:00-20:00
・定休 水曜日/第1週・第3週の木曜日

来々軒 店舗外観


「昭和34年創業の東京は木場の永代通り沿いにある町中華でタンギョウ発祥のお店」という情報を見受けられますが、正しくは「閉店した来々軒を、その店の常連が“來々軒”として復活させたお店」となります。こちらのお店の創業は昭和34年ではなく平成21年で、タンギョウの発祥店という事実は確認できません。こだわりの「餃子」と「ラー油」は、お店のHPよりお取り寄せができます。

来々軒 看板


食べログ 餃子 百名店2019選出店

来々軒 サービスタンメン野菜

来々軒 サービスタンメン野菜


タンメン餃子(1,290円)・・・まず初めにサービスタンメン野菜が提供されます。これが自家製ラー油をかけて食べると旨いこと。ビールが欲しくなりますが「熱いラーメン×冷たいビール」の組み合わせは好きじゃないんですよね。野菜&餃子とビールを堪能して〆にラーメンならいいんですけれど、時間差での提供をお願いするのは気が引けますし。

来々軒 タンメン


タンメンは鶏ガラや豚ゲンコツ、モミジなどを炊いた上品な清湯スープ、麺は浅草開化楼製の平打ち麺。正直なところタンメン単品ではやや物足りなさを覚える仕様なのかなと思ったりもしたのですが。

来々軒 餃子


餃子はむっちり厚い皮に包まれた豚肉のコクをしっかり感じるどっしり系。通常の約2倍の餡を包んだ特大サイズ、スープで茹でてから底面をラードで焼き、肉汁からあふれるコクがたまらない。単品では物足りなくも思いそうなタンメンと交互に食べれば、それぞれの旨さが倍増。気がつけばどちらもトリコ、くそぅこいつは旨い。

来々軒 タンメン餃子


持ち帰りの餃子を買う事も考えましたが、焼き目はパリッと側面はもっちりとした食感、肉汁唸る重量感たっぷりの見事な餃子は家では再現出来ないんだろうなと判断して、今後は定期的に通う事を誓いました(とりあえず次は餃子とビールで楽しみたい)

満足度:★★★★★★★★☆☆


posted by ごっち at 23:15| Comment(2) | 江東区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
早速ですが、下記、RDBにて先日私が記載した件ですのでご参照頂ければと存じます。

>昭和34年創業。東京は木場の永代通り沿いにある町中華で「タンギョウ」発祥のお店。

https://ramendb.supleks.jp/review/1424866.html#comment

この店の創業は昭和34年ではなく平成21年です。
タンギョウの発祥店という事実は確認できません。
Posted by at 2021年07月16日 19:48
>名無しさん

修正致します。
Posted by ごっち at 2021年08月23日 15:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。