2010年08月18日

大勝軒節物語@厚木

東池袋大勝軒 節物語in本厚木 もりそば中盛
駐車場無(周辺コインP利用)


・住所 厚木市中町3-13-1
・電話 046-295-5285
・時間 11:00-27:00
・定休 無休
・記事 『節物語』記事一覧

東池袋大勝軒 節物語in本厚木 店舗外観.JPG

厚木大勝軒」系列のお店、厚木大勝軒は今は完全に製麺工場と化した模様で、店内は麺箱で埋め尽くされ営業しているのを見かけなくなりました。そんなこんなの節物語、大勝軒本店の3倍以上の量の節を使うと言う、節に個性を見出した大勝軒です。中休みがなく遅くまで営業しているのが魅力ですね。

東池袋大勝軒 節物語in本厚木 もりそば中盛.JPG

もりそば中盛(680円)・・・今回頼んだ中盛は麺量300gです。麺量200gの少盛と値段は同じですが、少盛の場合は海苔が追加となります。麺量450gの大盛は780円、良心価格ですね。大勝軒らしい甘辛酸な味わいとは違い、大勝軒本店の3倍以上の量の節をたっぷりと使っているので、味に香りにと力強く仕上げられていて、相当な節インパクトがある1杯になっています。卓上ポットでスープ割りして〆!食べ応えのある大勝軒だなぁと思います。

満足度:★★★★★★☆☆☆☆

posted by ごっち at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 神奈川-厚木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
所用で本厚木へバイクで突撃。
通り道の「虎二」が今日から休業の掲示
がされてたので、色々迷いましたが訪問
しますた。
昨日もMUGENで食ってるだけに同じ
つけ麺はどうなん?とか思いつつつけ麺
をチョイス、だって隣の人のがウマそう
なんだもん。

いやはや同じ大勝軒でこうも違うものか
というぐらいの別物ですね、魚介強めで
節粉追加し放題、ラ−メンだれとス−プ
割りのポットが最初からあるのでつけ汁
の増量ができてさらに嬉しいです。
450gをあっという間に完食、追加の
ライス投入でさらに嬉しい満足仕様に。

なんだか横浜駅西口やつきみ野で食べる
より今後はこっちで食べますかね、次回
は中華そばに挑戦です!


Posted by にゃんまげ at 2010年10月01日 22:52
>にゃんまげさん

虎二は虎一へと戻す為の準備でしょうか。
それでもすぐに次のお店に移る事の出来る
厚木界隈のお店状況の贅沢さは羨ましい。

もはや大勝軒の名前にさえ疑問を抱いてし
まうくらいの個性ありすぎるオリジナル。
大勝軒ブランドに頼らずとも、やっていけ
ると思うのに、それをしないのに大勝軒の
ネームブランド影響力の大きさを感じます。
個人的には同じ味の大勝軒ばかりが全国に
広がるより、個性あるお店が増えてくれる
方が楽しいので、それはそれでアリですけ
どね。大勝軒食べ比べも面白いですよね♪
Posted by ごっち at 2010年10月03日 14:37
麺や食堂訪問後、ブックオフや古着屋を
廻って厚木市内をウロウロし、空腹感が
で始めた15時過ぎに訪問。

ちょいと脱線しますが私個人の見解を。
よく「中休み」を取るお店がありますが、
それに納得できないのです。
一般的に22時ごろまで営業するお店に
多いようですが、一度暖簾を出して店を
開けたからには客の有無には関係なく、
店を開けてお客を待つべきだという思い
があります。
22時までダラダラ店開けるぶん中休み
を取るぐらいなら、19時で閉店にして
連続で営業してほしいですよ、そもそも
開店が11時として8時間営業は商売人
としては一般的な時間でしょうし。

話が脱線してすみません、なぜこんな話
をしたかと言えばここはそんな中休みも
取らず、客足の落ちるこの時間でも元気
な接客と確かな味を提供する、そんな心
意気が嬉しかったのです。

肝心のラ−メンですが前回同様もりそば
中盛を味玉追加でチョイス。
いかに空腹感があるとは言え一杯食べた
あとなのでおとなしめに。

しかし不思議ですね、もりにすると量が
あっても普通に食べれてしまうんです、
もりそば自体がウマいからってのが一番
の要因なのでしょうが、食べ終わるまで
ほぼ10数分ただひたすらにかっこみ、
ス−プ割+節粉追加で締め、先に食べた
ものとはまた違う満足感がありました。

久々の連食でしたが三十路後半の胃には
少々キツかったようです、さすがに家に
帰って以降は何も食えませんでした。

次回こそ中華そばにチャレンジです。
Posted by にゃんまげ at 2010年10月27日 13:18
>にゃんまげさん

麺や食堂で麺+かつ丼の後に大勝軒?(驚)
休憩を挟んでいるとはいえ、やりますな!

で、中休みに関して。開店から閉店まで
同じ味でスープを保つのは不可能なんで
すね。豚骨を入れて煮込んで、どこかで
ピークがきて、その後は豚骨を入れ替える
なり味の調整をする必要が出てくるわけ
です。大きな厨房を有するお店であれば
複数の寸胴を使い分けれますが、そうで
ない場合は、どうすればいいでしょう。

直系の家系では客が少ないアイドルタイム
(15-16時頃)にスープを捨て調整したり
していますが、そこで味が変わります。
なるべく同じ味で提供したい、とするなら
やはり中休みをとる必要も出てくるのです。

また、麺屋には仕込みがつきものですね。
スープの仕込みから味玉やらチャーシュー
やらの準備、それから11-20時までの営業
としますか。仕込みに片付けまでいれると
何時間でしょう。大変なんですよぉぉ?

横須賀のイツワは、8時間労働を守る為に
仕込みまで考慮すると昼営業しか出来ないと
夜の営業はしていません。結局は中休みを
とるとらないは資本の力の差なだけであり
商売人として心意気に欠けているというわけ
では決してありません。

と、空想で書いてみました(´▽`*)
Posted by ごっち at 2010年10月27日 22:21
なるほど!
品質保持のための「中休み」と言われれば納得です。
さすがアンドロメダで機械の体ならぬ、ラーメンの体をもらったごっちさんですね、池上先生ばりに「そうだったのか!」と開眼してしまいますた。

確かに中休みと言ってもホントに休んでるわけではないでしょうし、仕込みは営業中にはできませんしね、作る側の労力もあることを失念していました。

そうした涙ぐましい営業努力の影で、「お客あって」のラーメン屋のハズなのに「ウチのやり方が気に入らなければ食わなくていいよ」という間違った姿勢の店が未だに見受けられます。
客の前で他の店員と談笑したり、逆に必要も無いのに怒ったり、注文間違いに反省も無くそれが何か?という視線で返し、挙げ句出てきたものが酷い・・・

まだホント数軒レベルですが、カネをドブに捨てられるほど裕福ではないので、こうした「タカの目」の如き厳しいブロガーさん達の記事はありがたいです。
全てを鵜呑みにすることはせず、あくまで予備知識として活用するのが良いですね。
Posted by にゃんまげ at 2010年10月28日 12:44
>にゃんまげさん

確かにせっかくの味に努力を、接客等で
すべて台無しにしているお店があるのは
残念ですよね。全てを社員で賄えるお店
であればまだしも、バイトを雇っている
お店なら意見を言っても「面倒くせぇ客」
扱いされておしまいで成長しませんし。

で、ほんとブログに書かれている事は味や
その他の感想も、全て鵜呑みにはせずに
あくまでご自身で実際に行かれて感じた
事と比較して楽しむ程度に使っていただ
ければ幸いです。言うても単なる日記、
ですからね(´ヘ`;)
Posted by ごっち at 2010年10月30日 12:43
えっと、補足です。
1月2日から突撃するあたり十分中毒化しているのでしょうね。
毎度のことながら味・接客共に満足で、それがいつ行っても変わらない
のが嬉しいです。
今年こそ「大勝軒なんてどこも同じでウマくねえ!」とのたまう職場の部長
をここへ連れてきて、ウマいと言わせたいですがまあ好みは人それぞれ
なので、無理にはね。
小野橋店がバイクでの行動範囲から少々遠いので、当面はここに通うよう
ですね。
Posted by にゃんまげ at 2011年01月11日 19:33
>にゃんまげさん

無休で営業時間が長いと言うのも利用者に
とっては大きなポイントになりますしね。
私も大勝軒はそこそこ関東近辺で色々訪問
しておりますが、ほんとうに同じ大勝軒の
名を使っていいのかと疑問に思う程に味は
千差万別。逆に、部長さんの好みを聞いて
それに近い大勝軒に連れて行ってみるのも
面白いかもしれませんね(´▽`*)

小野橋店は今月で閉店なので、機会あれば
是非足を運んでみてください。私には周辺
にある大勝軒の中では最もお気に入りの味
です。それだけに閉店が残念でなりません。
Posted by ごっち at 2011年01月16日 00:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/159679506
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック