2009年12月27日

三三七@八丁畷 つけめん玉@小田栄のセカンドブランド店

つけめん三三七 一番搾り+煮番搾り
駐車場無(周辺有料P利用)

・住所 川崎市川崎区小川町9-7
・電話
・時間 11:00-16:00頃
・定休 日曜日
・記事 『三三七』記事一覧

つけめん三三七 店舗外観.JPG


つけめん玉@小田栄」のセカンドブランド店、鶏と煮干しがキーワードになっています。お店に並びがある場合は、先に店内で食券を買ってから列に接続するよう注意書きがありました。現在はお昼のみの営業ですが1月から夜営業が開始になるようです。

つけめん三三七 メニゥ.JPG


こちらがメニューです。つけ麺はあっさり清湯の「一番搾り」と、濃厚白湯の「煮番搾り」が用意されています。中華そばは煮番ベースの「とろりそば」になっています。卓上に置かれたメニューには、つけ麺か中華そばかの説明はあるものの券売機にはそういった説明が一切無く、券売機の前で悩んで店員さんにオススメについて質問をされる方が何人か見受けられました。

つけめん三三七 一番搾り+鶏皮.JPG


一番搾り(750円)+鶏皮(100円)・・・あっさり清湯のつけ汁。サラリとしていますが鶏の旨みはしっかり出ています、魚介もそれなりに効いてますね。スープ割をすると印象が全て魚介にもっていかれましたが、食べ進めている間は鶏の主張が強かったです。

つけめん三三七 煮番搾り.JPG


煮番絞り(800円)・・・濃厚白湯のつけ汁。確かに濃厚でコッテリとしたものではあるんですが、それほどのクドさを感じないのは鶏を主体としているからか。鶏の旨みを凝縮してます!的な1杯となっています。玉のDNAはしっかりと受け継いでいるなと感じました。こうなると玉も食べたくなりますね。タクシー拾って「つけめん玉@小田栄」に向かいます。

満足度:★★★★★★★☆☆☆

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
ラベル:三三七
posted by ごっち at 00:00| Comment(0) | TrackBack(3) | 川崎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

川崎にあるおいしい濃厚鶏白湯つけ麺が味わえるお店「つけめん 三三喜(さんさんなな)」
Excerpt: 今回はちょっと足をのばして川崎へ行ってきたのでその際立ち寄ったお店をご紹介します。 事前にネットで川崎周辺のランチのお店を探しているとなにやら気になるつけ麺屋さんを発見したので行ってみることにしまし..
Weblog: 横浜ブログ
Tracked: 2010-04-14 20:51

123点 つけめん 三三七。@川崎
Excerpt: JUGEMテーマ:ラーメン 10/08/23 12:02 相変わらずの季節外れネタですが。 小猿の夏休みも終わる寸前。 共働きの家庭ということで、なかなか平日に夏休みっぽい..
Weblog: なつきの日記風(ぽいもの)
Tracked: 2010-11-07 21:12

「一番搾り」か「煮番搾り」か、、 つけめん 三三七@川崎
Excerpt: お越し頂きありがとうございます♪ 2012年2月、出張先は川崎に出没v^^v この日、客先とは午後一からの打ち合わせがあり少々早めの昼食を食べようと川崎駅周辺を散策・・・ ∵.・∵. ・∵...
Weblog: 出張先
Tracked: 2012-02-11 07:35